コンサルタント

釜瀬 里佳

KAMASE RIKA

MRからの転職。より介在価値のある仕事を求めて、この道を選択しました。

”自分だからできる”ご縁をつくること

関西学院大学法学部を卒業後、製薬会社にてMRとして勤務。タイズではコンサルタントとして、企業への中途採用支援と求職者への転職活動の支援を行っている。

 

自分の介在価値を感じたかった。

− 転職理由を教えてください

前職では病院やクリニックを訪問して、主にドクターに対して医薬品の有効性・安全性を紹介する営業をしていました。私が紹介した医薬品が採用され、服用した患者さまの症状が良くなったことをドクターから教えていただくとやりがいも大きかったです。ただ、効能の似た医薬品が世間に数多くある中で、もっと自分自身の知識やスキルで、自分だからこそできる仕事がしたいと思い、転職することに決めました。
転職活動を始めた当初は、人材業界は全く考えていませんでした。きっかけとなったのは、「釜瀬さんに合っている」とエージェントに勧められたこと。私が登録したエージェントだけでも、一方的に書類が送られてくるだけのところもあれば、親身に向き合い考えてくれるところもあり、大きな差を感じていました。であれば、自分がエージェントになったときに他と差別化でき、私だからできる、私が介在する価値を感じられる、と思い人材業界を志望しました。

両面型、専門性、成果主義。

− タイズを選んだ理由はなんですか?

企業の採用支援、個人の転職支援の両方に携われることに、大きな魅力を感じました。他社では片方しかできないことが多かったので。また、関西のメーカーに特化しているという専門性や、年功序列ではなく自分の頑張りや成果によって評価してもらえるという会社の方針にも共感したので、タイズを選びました。

人生の転機に関われる、人生の選択をお手伝いできること。

− 仕事のやりがいを教えてください

企業の求めている人材と、求職者さんの希望している仕事の両方を満たすことができたとき、双方から感謝していただけるので、やりがいを感じますね。最も印象に残っているのは、入社してすぐの頃に担当した求職者の方です。その方は第一志望の会社にご縁がなく、その後、他の会社をご紹介しても興味を持っていただけませんでした。しかし、会社の風土や希望する働き方がその方にぴったりだと考えたため、諦めずに改めてご紹介したところ、「応募してみます」と言っていただけました。面接に参加された後には「いい会社ですね。」と感想をいただき、結果としてその会社で内定となり、現在勤務されています。先日お話しする機会があり、「この会社に入れて良かった」と、会社に非常に満足されており、やりたい仕事ができていると伺ったときは本当に嬉しかったです。その方の人生の転機に関わり、人生の選択をお手伝いできたことは大きかったですね。

視野を広く持つこと。

− タイズを検討している方に一言メッセージをお願いします。

業界や分野に迷っているのであれば、あまり自分で絞り過ぎず、合同説明会などで様々な業種の話を聞いてみたらいいと思います。その時に自分がどう思ったのかを大切にし、視野を広く持つことで、自分のやりたいことが見つかると思います。私自身も祖父の病気をきっかけに医療業界に興味を持ち、法学部から飛び込みましたし、学生であれば自身の学部や学科にこだわらず選択してよいと思います。
どのような企業でも、仕事に情熱と主体性を持って取り組む方は活躍されると感じています。是非そのような方と一緒に働きたいですね!

OTHER PEOPLE

その他の社員