スタッフ

安恒 匠

YASUTSUNE TAKUMI

コンサルから会社を支えるスタッフへ!皆が仕事を楽しむための仕組みづくりに挑戦中!

まさに自分が描いていた人材紹介のあるべき姿だった。

関西大学卒業後、メーカー系ソフト会社と独立系ソフトウェアハウス2社でPCのソフトウエアの商品企画・WEBサイト運営に従事。
その後某大手人材紹介会社にてキャリアアドバイザーを経験。
タイズではコンサルタントとして入社。その後スタッフとして勤務。

 

転職エージェントの道を極めたい。

− 転職理由を教えてください

将来、この転職エージェントの道を究めたい、この道で進んでいきたいと思っていました。
そのために、地道に企業情報を収集したり、ヒアリング力を高めたりと腕を磨く努力をしていました。
一方で、前職の人材紹介会社はITを生かした事業モデルへの転換を図ろうとしており、「自分の腕が落ちる」と危機意識が強くなりました。
「組織の歯車ではなく、今までより一層自分の力をつけて正しく評価される」「お客さんに喜んでもらえる」
そんな環境で働きたいと思い転職を決意しました。

人材コンサルの本質。

− タイズを選んだ理由はなんですか?

一番は自分が目指す人材紹介の姿とタイズの考えが一致していたことです。
前職の人材紹介会社はコンサルタントの腕を信用しておらず、システムに頼ったマッチングになっていた点が共感できませんでした。
お客様にどのようなマッチングをするのかを大切にしている社長の考えに共感しました。お客様に向き合うという人材紹介の本質を捉えていると感じ、自分がおもしろいと感じる仕事ができると思ったためタイズを選びました。

自分次第で、仕事の幅は広がる。

− 仕事のやりがいを教えてください

●コンサルタントのやりがい
人材紹介会社に入社する直前はECサイトの運営をしていました。
購入するユーザーの姿が見えづらく、どうしても数字ゲームをしているような感覚を持っていました。
そこでもっと人と接する仕事がしたいと思い、前職の人材紹介会社に転職しました。
お客様が涙を流しながら感謝される仕事はなかなかないと思いますが、それを実感できることがたいへん魅力的です。

●スタッフのやりがい
会社の成長スピードに合わせていろいろなチャレンジができるところが面白いです。
入社当初はシステムが整っていないところからのスタートでした。
エクセルでのデータ管理中心のシステムから、基幹システムのリプレースを行ったり、自社システムの開発、さらにはオフィスのリニューアルなど、どんどん仕事内容がスケールアップしていきました。
会社のフェーズに合わせていろんな新しいことに挑戦できるのはやりがいに感じており、とても魅力的です。

マッチングへのこだわり。

− タイズの好きなところは?

数字のプロセスだけでなく、このマッチングはああでもないこうでもないと社長含めみんなで言い合える環境がとてもいいと思います。
社長自らが言っていたことが、入社当初とても新鮮でした。
マネージャー以上は数字しか見ていないものだと思っていましたが、社長自らが「このマッチングいいよな~」と言ってくれたり、ちゃんとマッチングを評価してくれたりするのはタイズの良い特徴だと思います。
また、声を上げれば新しいことができるのも面白くて好きなところです。

一から何かを創り上げたときの達成感。

− タイズで一番の挑戦は何ですか?

スタッフでは、基幹システムの立ち上げと導入が大変でした。
一から何かを立ち上げるのは、しんどいことも多いですが、形になってみんなが仕事を
しやすい環境を作ることができたときのやりがいや、達成感は言葉にできません。

営業なのに営業っぽくない。

− どんな人が多いですか?

営業の会社ですが、営業っぽくない人が多いと思います。
イケイケな感じではなく、地に足がついたきっちりとしたコミュニケーションが取れる人が多い印象です。
人材紹介会社は「THE 営業」「イケイケな人」が多い中、真面目な人が多いのではないでしょうか。
私的にはとても居心地がいいと思っています。

思いがけず気づく仕事の楽しさ。

− スタッフに異動してよかったと思うところは?

実は、入社したときは組織に貢献したいという気持ちはあまりありませんでした。
自分のスタイルでこの仕事を楽しめたらいいなというスタンスだったので(笑)
しかし、スタッフになったことによって思いがけずいろんなことを経験させてもらえたので新しい発見がありました。
自分が会社と一緒に成長する喜びや楽しみがあることに気づくことができたことや、スタッフとして会社やタイズメンバーに貢献するという目標ができたことはよかったです。

スタンスは変わらない。

− 立場がコンサルからスタッフに変わったことによって人間関係などに変化はありましたか?

社風的に全く年齢や立場は関係ありませんし、どの人にもスタンスは変わらないので、あまり苦労や変化ありませんでした。少なくとも私は意識していませんし、個人的にはタイズの人は壁を作らない人が多いと感じています。
人材コンサルタントは年齢関係なく、積極的にアプローチをする必要がありますので、それが苦手な人はこの仕事が向いていないかもしれないですね。

前例のないことに対して主体的に学びながら挑戦できる人。

− どんな人がスタッフに向いていますか?

入社1年目でも新卒でも、「これをしたい」と声を上げればプロジェクトリーダーになって企画、運営ができる環境があります。
コンサルタントは周りに学べる人がいっぱいいますが、スタッフは社内で同じことをやっている人がいない。
かつ世の中でもこれからだということを一人で頑張らないといけないというところがあるので、そこが面白いと感じれる人が向いていると思います。
タイズには福利厚生の一環としてカフェテリアプランがあります。半年に5万円までは本やセミナーなどの自己研鑽に利用することができるので、勉強したいと思ったときに情報収集はしやすい環境です。
私も業務改善の本や、そのときに必要な本を買って仕事に繋げています。
自分が成長しようと思ったら成長できますし、「これをしたい」と思ったら自由に学び業務に活かせることができることが魅力だと思います。

ライフスタイルに合わせて調整しています。

− 1日のスケジュールはどんな感じですか?

朝は情報収集をしています。午前中はシンキングタイムで、午後は打合せや会議を入れることが多いです。
早めの7時半に出社、6時半ごろに退社しています。

人材紹介業を楽しむ集団になるための仕組みを構築する。

− 将来の目標は?

タイズは人材紹介の仕事を楽しんでいる集団でありたいと個人的に思っているのですが、そうなれるような仕組みづくりや環境づくりなどに取り組んでいきたいです。
数年後、何をしているかわかりませんが、今はマーケティングやシステムの観点から考えて、最終的にはタイズで人材紹介業をしていたいと、社員の人に思ってもらうような仕組みを構築することが今の目標です。

挑戦することを楽しむ。

− タイズを検討している方に一言メッセージをお願いします。

人材紹介のコンサルタントは厳しい仕事ですが、厳しいというのは企業や求職者の方からの期待が大きいということの裏返しです。コンサルタントなので、それなりにスキルを求められますし、パワーがいる仕事だと思います。
だからこそ、ご縁をつなげたときはこれほど喜んでもらえる仕事はないとも思っています。
そこまで辿り着けたときにきっと辞められない仕事になりますよ。
最初はしんどいと思いますが、めげずに頑張ってください!
私が入社したときに比べると、タイズは組織がどんどん大きくなっていっているものの、まだまだベンチャー企業で組織として未成熟なことも多いです。その点も含めて、いろいろ楽しみながら挑戦していける人と一緒に仕事がしたいなと思っています。

OTHER PEOPLE

その他の社員