コンサルタント

門田 佑香

MONDEN YUKA

本気でお客さんに向き合う姿勢と誇りをもって仕事に取り組む社風に惹かれました。

手を挙げたら、1年目で新しいプロジェクトを任せてもらい、社長賞をいただきました!

宮城県出身。バレーボール留学という形で高校生の時に親元を離れ、大阪で寮生活を送る。
関西外国語大学に入学卒業。
就活をする中で人材紹介という仕事に出会い、代表の考えに共感しタイズに入社。
 

単純にかっこいいと思った。

− タイズを選んだ理由はなんですか?

大学入学時はホテルマンになるという夢があり、ホテル業界を志望していました。
ホテルでの働き方は、楽しみに来ている人をさらに楽しませる仕事ですが、就活を進める中で、もう少し「深く」人と関わる仕事、人生において大きな影響を与えられる仕事をしたいと考えるようになりました。
私はバレーボールの経験の中で、所属するチームによって自分の個性が出せる時とそうではない時がありました。
その影響もあり人は環境によってパフォーマンスを発揮できる度合が変わると考えています。
仕事や人間関係、社風のミスマッチにおいて悩んでいる人をサポートし、真の適材適所を実現したいと思うようになりました。
広岡さん(社長)の考えが単純にかっこいいなと思ったこともあります。
お客様と徹底的に向き合い、コツコツ努力することが報われる仕事であること。
尚且つ、それを推奨する理念に惹かれました。
他の人材紹介業の会社の説明会にも行きましたが、人材紹介の奥深さについて語る企業は少なかったです。
広岡さんの考え方に賛同している人が集まる、少数精鋭の会社であれば、私も頑張れるのではないかと思い入社を決意しました。

学生と社会人の違い。

− 入社してからのギャップはありますか?

正直あまりありません。選考途中で広岡さんからも何度も厳しい環境だと聞いていたので「厳しい環境」という覚悟は持っていました。
この仕事には答えがありません。その分難しさや大変さはあります。
自分には何ができていなくて何を直せばいいのかわからない中で、色んな人に話を伺い、サポートしてもらいながら業務を行っていますが、本当に難しいです。日々勉強だと思います。

プライスレスな価値、本当の仕事の楽しさ。

− 仕事のやりがいを教えてください

人材紹介の魅力は、営業とは違うところにあります。
モノを売る営業とは違い、人材紹介の仕事は不確定要素が非常に多いです。というのもモノという絶対に変わらないものがなく、全てが変化します。
それに加え企業の経営や求職者の方の人生に関わる、責任重大な仕事です。ただ口がうまいからと言ってうまくいくわけではないですし、とりあえず売り上げを上げようと思っても、そこに正しい仕事がなければ結果はついてきません。
誠実に且つ力をつければつけるほどお客様の役に立てますし、転職活動をされている方が活躍できる場所を提供することでその方の人生に大きく関われます。
お客様の役に立つ、そのあとに成果や数字がついてくるというビジネスモデルです。成果を出せば、正しく評価されることはもちろんですが、それ以上に自分の介在価値や、本当の仕事の楽しさがあるということが人材紹介業のやりがいだと思います。

新卒も中途もベテランも関係ない。

− タイズの好きなところはなんですか?

フラットで社員同士の距離感が近いところです。
いい意味で先輩が先輩らしくなく、先輩の言うことを聞かないといけないような雰囲気が全くありません。
そういう雰囲気のおかげで質問もしやすいですし、新卒の私たちを受け入れてくれているということが伝わる接し方をしてくださっています。
社長にも問題や悩みを日頃から相談させてもらっています。例を用いてわかりやすく教えてくださるので、実践ベースにも落とし込みやすく、感謝しています。
社員全員、元々人が良いというのもそうですが、お互いに刺激を与え、切磋琢磨しお客様に全力で向き合う体制を作っていこう思っているからこそ成し得る社風だと思います。

正しいコミュニケーション、相手に伝えることの難しさ。

− 入社して一番最初につまずいたことはなんですか?

どの会社でも新卒が最初にぶつかることだと思いますが、社会人としてのふるまい方を習得するのが大変でした。
社内外共にコミュニケーションにおいて気を付けなければいけないことがたくさんあるので、慣れるまでに時間がかかりました。
また、人材紹介という仕事は本当に難しいです。コンスタントに結果を出すためは、自分の引き出しや知識量を増やさないといけません。
それだけでなく、一つ一つの進捗をコツコツやるしかないところが大変だと思います。
質問をすると、活躍している人からは様々な仮説を基に沢山のアドバイスをいただけます。そのような先輩から日々学ばせていただあとは、新規テレアポに苦労しました。
企業さんの役に立ちたいのに、何度も断られることが最初は辛かったです。ですが、私のテレアポがきっかけで契約がスタートした企業様も多くあり、
全く信頼のないところから、関係を構築する話をする中で徐々に企業様と心を通わせていきました。他の人材紹介会社には伝えていない情報をいただけた時は、少し信頼していただけているのかなと嬉しく思っています。
新規開拓は信頼を構築するまでは大変ですが、ご縁をつくれた時の喜びは他に代えがたいものがありました。
本当の意味で役に立てたと思える嬉しい経験を1年目からできました。

1年目で抜擢されたプロジェクト推進。

− 挑戦したことはありますか?

読書プロジェクトという、月に1回、推薦本を選定してそれを読んだ上で、業務に落とし込んだことや役に立つ情報を全社に共有するというプロジェクトを1から企画、運営し、社長賞いただいたことです。
新卒から出た案で、もっとタイズが成長するために本を読む文化を広げていくためのプロジェクトです。
全社員をで取り組むプロジェクトを担当した経験はとても大きかったです。大手企業ではできないことだと思います。
自分がしたいと思って取り組んでいたことなので、社長賞をいただけると思っていませんでした。とても嬉しかったです。
社員の方々からも「読書プロジェクトを推進してくれてありがとう」と言ってくれることが多く、意外であり嬉しかったです。

会社を自分たちで創っているという意識。

− 社内の雰囲気、社風はどのようですか?

やはり、全員と話しやすくフラットなところです。
成果主義かつ、営業会社なので「自分だけが良ければいい」「周りに敵意むきだし」といった感じを想像していましたが、そうではなく、助け合いの精神を感じています。
グループとして売り上げを上げたいというのもありますし、従業員が少ないので会社をみんなで成り立たせるという気持ちを持っているんだと思います。
自分たちの稼ぎが経営に直結するという意識があるので、コンサルタントもスタッフもアシスタントもみんなで真剣に、互いに協力しながら仕事に取り組んでいます。

日々できることをコツコツ行う。

− 一日のスケジュールを教えてください

午前中は上司と進めている進捗の確認をしたり、企業様に連絡して求職者進捗の確認や新規求職者の方のご紹介をしています。
午後は、社内で情報交換やマッチングをしたり、営業に行ったり、その営業に行くための営業準備を行ったりしています。

自分の介在価値を上げて売れるように。

− 将来の目標を教えてください

リーダーと同じように売れるのが目標です。
簡単ではないのはわかっていますが、仕事をするうえで自分の介在価値を感じたいです。
コツコツ仕事に取り組み、たくさんの方を紹介できるようになってお客様から感謝をされ、会社に貢献できるようになりたいです。

周囲の助けがあったから成長できた。

− 新卒1期生で入ってみてどうですか?

研修が一か月ほどあり、その後はほぼOJTでした。
教育体制については結局のところOJTが1番効果的だと思います。
失敗しながら学ぶのが常だと思うので、早く現場に行かせてもらえたことは非常にありがたかったです。
聞けば真剣に、丁寧に教えてくれるので、技術面も精神面も支えてくださっています。
できないこともまだまだ多いですが、相談したら真正面から向き合ってくれる方々ばかりなので心強いです。
悩んでいたことは周りの助けがあって解消できたことも多々あります。

自分の成長=会社の成長。

− どんな人と働きたいですか?

成長意欲が高く、できれば自分だけがよければいいではなく、会社のために頑張れたり、協調性がある人と働きたいと思います。個人的な意見ですが、ただお金を稼ぎたいだけの人は合っていないと思います。
ベンチャーなので、まだ制度が整っていないこともあります。そこで、自分はこう思うだとか前向きな意見を発信して、自分の成長も会社の成長も一緒に楽しめる人と働きたいと思っています!

仕事に対する真剣さを持っている集団。

− タイズを検討している方に一言メッセージをお願いします

タイズは「真っ当な仕事をしたい」という社長の考えに共感している人が集まっている会社です。サービスの質にこだわっているので厳しいことも多いですが、真剣に向き合って成長したいという方にはとてもぴったりな会社です。
自分が手を挙げれば何でもさせてもらえるところが大手企業とは違う魅力だと思っています。
受け身の人には向いていないです。私のようにホテル業界志望から人材業界へ入るように、事前の知識やついていけるかどうかという不安は必要ありません。
こういうことを成し遂げたいという「想い」を持っている方はぜひ応募してください。

OTHER PEOPLE

その他の社員