コンサルタント

北村 啓

KITAMURA KEI

片面型のもどかしさを経験し、企業様と求職者様の双方に関われる両面型コンサルタントへ

アナログマッチング®に共感し、大手のブランドを捨ててベンチャーに飛び込みました。

大学卒業後、大手銀行で3年間個人のお客様向けの営業として勤務。
その後、大手人材紹介会社にてメーカーの機械電気化学領域の法人営業担当として従事。
2回目の転職でタイズに入社。

 

より良い転職支援を求めて。

− 転職理由を教えてください

前職の人材会社は“片面”と呼ばれる法人営業のみの仕事でした。
仕事をしていく中で、「どうしてこんなに選考途中で求職者様の辞退が起こるんだろう」とか、「求職者様の志向性もわからないまま企業様に対して、求職者様を紹介するのはどうなんだろう」などと思うことが多くなっていました。
ある時に、自分が支援して転職したポジションの方から、「自分の代わりを探してほしい」という依頼を受けました。理由は「思っていた社風と違った」と言われたのですが、自分の中では理解していた社風だったので、それが求職者様にうまく伝わっていなかったということがあり、なんで伝わらないのか、というモヤモヤを抱えることがありました。それなら、自分で企業様と求職者様の両方が担当できれば、より良い転職支援ができるのではないかと思い、“両面型”の人材会社に転職を考えました。

アナログマッチング®の魅力。

− タイズを選んだ理由はなんですか?

両面型の人材紹介会社で、メーカーに特に強かったのがタイズだったので選びました。
人材紹介会社から人材紹介会社の転職なので特殊な観点かと思いますが、前職でメーカーの法人営業をしていく中で、担当しているお客様からも「タイズの推薦は的を得ている」「タイズから紹介された応募者は社風もよく理解してくれていて、ミスマッチが少ない」という話を聞くことが多かったです。
それに比べて前職では「辞退が多い」「面接で会ってみたら聞いていた人の感じと違う」と言われることが多かったので、タイズはスペシャリストの集団なのだろうと思い入社を決めました。
実際に、広岡さん(社長)のお話を聞いて【アナログマッチング®】という、人に会って自分の足で情報を稼いで、その情報でマッチングさせるという、私が理想としている人材紹介の仕事ができると思ったことも理由です。

企業を理解し、求人票を一緒に創っていく。

− アナログマッチングのやり方とは?

他の人材紹介会社様は、企業様から依頼をいただいて求人要項に書かれているデジタルスペック(要件)だけで求職者様を探します。
一方タイズでは、求人票に載っていない情報や社風、そのポジションの更に詳細な情報を求人票に落とし込んで、求職者様に紹介しています。
大手人材紹介会社様は1つの求人に100人応募が来て、2~3人良い人がいればいいみたいな話ですが、逆にそれは効率が悪いと思ってます。アナログマッチングは求人票を元に「こんな人かな」というのを見定めて、自分で求職者様を探し、面談を行っています。
傍から見れば効率が悪く見えるかもしれませんが、私からすると1/1や1/2でご縁をつくることができるため、効率がいいと思います。

転職支援を通じて自己成長・社会貢献を叶える。

− 仕事のやりがいを教えてください

シンプルですが、企業様からお礼を言われたときはやりがいを感じます。
人事の人が困っているポジションに対して、時間がかかってでも、ミスマッチなく求職者様を紹介できたとき、感謝されることが多く、やっぱりお客様にお礼を言われる瞬間が一番嬉しいですね。
法人営業としてのやりがいの一つは、営業としていろんな企業様に関わることができ、企業様や業界のことを知ることができるので自分の知識を深められるということもあります。
また、その企業様への転職支援を通じて、中長期的に見れば、紹介した人が活躍して間接的ではありますが、その企業の業績を伸ばすということにも貢献できることです。
一方、求職者様と接することでのやりがいは、優秀な求職者様とお話しすることで、自分自身学ぶことが多いです。営業だけでは学べなかった企業様の情報や、技術の情報を学ぶことができ、いろんな価値観や視点に触れられて、個人的な成長に繋げることができるという発見がありました。

常に学び続ける。

−一番大変なことはなんですか?

想像しているより事務処理が多いところですね。
求人票を作ったりスカウトをしたり様々な業務があります。外から見えている人材会社の仕事の景色はほんの一割だと思います。求職者様との面談や、企業様とのアポイントが1割、事務作業9割と言ってもいいでしょう。
あとは、企業様や業界の理解、知識は学び続けないと遅れをとってしまうので、常にアンテナを張って勉強していなければいけません。

ベンチャーだからこそのフラット感。

−タイズの好きなところはなんですか?

自由にできることと、スピード感が速いことですね。
会社の規模が小さいからできることですが、したいことやお客様のためになると思ったことを社内で提案すると、すぐに「イエス」か「ノー」か返ってきます。その中でも「イエス」が多いです。基本的に何でも挑戦してみたらいいというスタンスです。社長室は入りやすいし、オフィスにもよく出てくるので広岡さん(社長)にも提案や発言はしやすい環境です。
業務中もよく話しますし、企業様のアポや面談に一緒に入ることもあります。社長が一緒にアポに入ってくれるなんて前職だとあり得ないことです。いつでも話しかけられるので、広岡さんは社長というより営業部長という感覚が強いですかね。人を見てくれている社長でアドバイスも人間的な部分で面倒を見てくれている印象です。人間味があり、あまり社長らしくないかもしれません。あとは、若手が多いので活気があるところも好きです。

ベースはありつつ、柔軟な対応が必要です。

−一日のスケジュールを教えてください

午前中は企業接点の時間です。商談に行ったり、タスクやメールの処理をしたりします。
午後は接点から取った情報を元に求人票を書き換えたり、スカウトを打ったりします。
夕方以降は基本、求職者様と面談するケースが多いです。
面談は平均2件ほど入れていて、だいたい18時から1件、20時から1件が基本です。
人によっては柔軟に対応しますが、ベースはそんな感じになっています。

質にこだわったマッチング。

−タイズと他の人材紹介会社との違いはなんですか?

メーカー領域に対しての知識、知見は比べ物にならないくらいタイズの方が深いですし、詳しい人が多いです。そこが他社と一番違うところだと思います。
この規模感だからこそ、求職者様や企業様の情報が密度濃く伝わりやすいので、間違った情報が伝えられることが限りなく少ないです。広岡さんが大事にしている企業接点や個人の接点で、常に新鮮でリアルな情報が入ってきやすいのも他社との大きな違いです。
あと、前職は頭で考えてる「風」なことをやっている人が多く、ロジカルな印象だったのですが、タイズは「わからなかったら、わからないなりに動いてみよう」「何かしたい」という思いの人が多いです。行動力や行動量は圧倒的にタイズの方が多いです。コンサルタント同士の情報交換は逐一あり、よく話します。歩き回ってグループが違ういろんな人と話すことは頻繁に行っています。仲良しごっこではなく、なにか成しえるための盛り上がりで、社内も正しく活気づいています。
それと、他社と比べて質を重視しているので、KPIマネジメントはほぼないです。
広岡さんや営業の人と売上の話はあまりありません。それよりもどんな求人があるのかやどんな人がいるのかなど、「質」の話が多いです。

若手が多いからこその泥臭さ。

−入社後のギャップはありますか?

いい意味でのギャップは、思ってた以上に【泥臭いことをしているところ】です。
学ぶために企業接点を多く持っています。行動量が多いので企業様から褒められるのだろうと思います。悪い意味では、タイズはスペシャリストの集団だと思っていたので、スキルを学べる人が多くいると思っていましたが、実際は若手が多く未経験の人が多いので、学ぶのはベテランやリーダーがメインになってしまっています。

人材紹介を通して自分の信念を貫く。

−将来の目標を教えてください

現在は小さいグループのリーダーですが、ゆくゆくはもっと大きな組織を見たいという思いがあります。
自分が正しいと思ってしてきたことが結果に繋がるのだとすれば、その考えや行いをより多くのメンバーに波及させていきたいです。その結果、自分1人だったら限られたリソースだったところが、自分の考えを浸透させた他のメンバーがたくさんの企業様に貢献することで自分の正しいと思っていることがより多くの企業様に対して、影響を与えていくことができると思っています。
今、自分が信念を持って行っている業務やノウハウやスキルをメンバーに伝承し、より大きなインパクトを、より広い範囲に影響を与えていきたいです。

圧倒的成長。

−タイズを検討している方に一言メッセージをお願いします。

ベンチャーなので整っていない部分はありますが、圧倒的に成長できる環境があります。がむしゃらに頑張って成長したいと思っている人にはぴったりの会社です。
逆に受け身な人には合わないとです。自分で「何か変えたい」「何か成し遂げたい」と思っている人はタイズに入って学ぶことはいっぱいありますよ。
そういう人に入社してもらって、一緒に成長していきたいですね。

OTHER PEOPLE

その他の社員