採用担当

下西 伽倻子

SHIMONISHI KAYAKO

システムエンジニアから採用担当へ。タイズの理念と考え方に共感してジョインしました!

この会社で、採用担当をしたいと思った。

大阪大学外国語学部を卒業後、システムエンジニアとして勤務。タイズでは採用・育成担当として、入社以来、一貫してタイズの中途・新卒の採用を担当している。各採用の選考から、インターンの企画・運営、入社後の研修の企画を実施。

 

ベンチャーで仕事を楽しんでいる友人が羨ましかった。

− 転職理由を教えてください

新卒で入った会社では、システムエンジニアとして製鐵所で働いていました。仕事も働く仲間も好きでしたが、「楽しい!充実している!」かと言われるとそうではなく、でも仕事ってそういうものだと思っていました。ある時、起業した友人の話を聞く機会があり、「毎日めっちゃ大変だし、めっちゃ働いているけど、本当に楽しい!」とキラキラした顔で語る姿を見て、強烈な嫉妬を覚えました。他の人の人生を羨むって嫌じゃないですか。私は「今の自分の人生が最高」だと思いたい!と、転職に踏み切りました。

経営理念と代表の人柄、ほぼ直感です。

− タイズを選んだ理由はなんですか?

私はタイズが3社目で、2社目まではシステムエンジニアとして働いていました。元々コードを書くよりもコミュニケーションが得意で、人が会社の環境・教育制度によって変わっていく様子に興味を持ち、採用担当としてキャリアを築くことを決めました。
未経験で採用担当にチャレンジさせてくれる会社で、経営理念や社長の人柄に惹かれるかを基準として、最終的にタイズを選びました。採用担当として働くなら、会社や社長の考え方に自分が強く共感していなければ務まらないと考えたんです。
当時は一次面接から代表が面接官で、なんと2時間も話しました(笑)。転職活動を通して私は多くの転職エージェントのサービスに不信感を抱いており「タイズはサービスの質にこだわっている」「世間の転職エージェントの質を改善したい!」という代表の熱いに強く共感し、入社を決めました。入社してからも、代表が語っていた言葉とタイズが提供しているサービスにずれはないと思っています。

会社の成長と共に自分自身も成長できる。

− 仕事のやりがいを教えてください

人の採用は会社の成長の基盤となるところです。目の前の業績には繋がりませんが、3年後、5年後、10年後の会社を創り出す仕事です。特にタイズは現在、積極的に人材を採用しており、この1,2年でも私が採用に携わった人たちが会社に変化をもたらす様を見てきました。人が増えたことでお客様が増え、タイズが生み出すマッチングも増えています。会社が大きく成長しているからこそ、自分の頑張りが会社の成長に直結していると感じることができ、やりがいを感じますね。大変なことも多く頭を絞る毎日ですが、私がかつて「羨ましい!」と感じた友人のように、今は苦労も含めて仕事を楽しめています!

会社は「考え方」とその「浸透度」

− タイズを検討している方に一言メッセージをお願いします。

会社を選ぶのは本当に難しいですよね。入らなければわからないことはたくさんあります。とはいえ私は、会社を見る上で大切なのは「考え方」とその「浸透度」だと思っています。会社の考え方があなたと合っていて、かつその考えがしっかり社員に浸透している会社であれば、とても充実した日々が送れると思いますよ。タイズは業界最高品質のサービスを提供することを目指して、社員が一丸となって取り組んでいます。タイズの特徴や良さはたくさんありますが、根底にあるこの「考え方」から全て派生してできたものです。一緒に業界最高品質のサービスを提供したいという方のエントリーをお待ちしております!

OTHER PEOPLE

その他の社員