コンサルタント(23卒内定者)

大島 直起

OHSHIMA NAOKI

小中高大、野球に打ち込んできた野球少年。タイズの「ベストマッチング」に惹かれて入社を決意。

タイズの「ベストマッチング」に魅力を感じて

大阪府出身。龍谷大学社会学部所属。小学3年生から大学生まで硬式野球に打ち込んできた。
ベンチャー企業中心に就活を進める中でタイズに出会う。社長の広岡さんが語る「ベストマッチング」に共感し、入社を決意。

野球に打ち込んでいた学生生活

小さい頃はどのような子どもでしたか?

小学生の頃は学校の子と外で遊んだり、土日祝はクラブチームで硬式野球をしたりと毎日活発に過ごしていました。野球、水泳、空手、くもんを習っていたのですが、今思えばタフだったなと思います(笑)当時は野球以外の習い事に行くことが嫌だったのですが、思い返せばどれも今の自分に役立っていると感じています。小学3年生の時に始めた野球はとても楽しくて、野球自体も野球を通して繋がっている友だちも好きでした。

中学校でも野球は続けたのですか?

はい、続けました。中学校の部活動には入らず、クラブチームで硬式野球をしていました。中学校の部活は軟式野球部だったので、これまでしていた硬式野球を続けるためにクラブチームを選びました。野球は土日と平日2日の週4日取り組んでいたのですが、その頃も野球が好きで楽しく活動していました。中学生の時、クラスの同級生の中ではゲームがはやっていましたが、私はゲームが苦手で、また部活動にも入っていなかったため、少しなじめなかった部分もありました。

どういった高校生活をおくっていましたか?

高校にはスポーツ推薦で入学しました。高校でも野球を続けたのですが、高校生活は「日々限界と戦っていた」という印象があります。
毎日練習を頑張ってもメンバーに入れない時もありましたし、体力的にも精神的にもかなりきつかったです。練習にどれだけ早く来ているかというところも監督に見られていたので、誰よりも早く練習に行こうと考える部員たちの中で競争のようになって、だんだん練習に行く時間が早くなるということもありました。しんどい思いもした3年間でしたが、そんな環境に身を置いて努力していたからこそ、ストイックさや行動力が身についたと思っています。そういった高校生活は、今の自分を作ったとも考えています。

大学ではどのような取り組みを行っていましたか?

高校で野球部を引退した時には野球はもうやめようと思っていたのですが、結局続けることに決めました。野球を続けようと思ったのは、高校3年生の冬に見に行ったサッカー部の試合がきっかけです。私たち野球部は夏に引退したのですがサッカー部は冬に引退だったので、クラスの友だちを応援するために試合を見に行きました。その時見た試合に感動し、改めてスポーツの良さを感じたことから、大学でも野球を続けることを決めました。大学の野球部は同級生、先輩、後輩、皆とても仲が良く、野球も楽しかったので、野球を続けて良かったと心の底から思っています。コロナが流行するまでは寮で生活していたので、より長い時間を野球部の仲間と過ごしていましたし、野球中心の生活を送っていました。

大学時代、他に何か印象的だったことはありますか?

コロナの第一波が来て野球部の練習が停止していた頃にボクシングを始めました。友だちが習っていて勧めてくれたこともあり、野球のトレーニングがてら行ってみようと思ったことがきっかけです。ボクシングは個人競技なので、チームメイトに迷惑をかけることが無いという点が、野球と比べて大きく違うと感じています。野球とは全く違ったスポーツではありますが、楽しく続けています。

理想の自分に近づくために

就活はいつ頃から始めていましたか?

初めて参加したのは3回生の12月にあったスポナビさんの合同説明会です。その頃は就活についてまだあまり意識していませんでしたが、友だちが行くと聞きつけて付いていきました。合同説明会に行って様々な企業の方の話を聞いている中で、「野球をすることがなく、仕事をしてお金が稼げる状態って、今と比べると人生が180度変わるな」と感じ、就活をすることや社会人になることが楽しみだと思うようになりました。

どのように就活を進めていましたか?

大手企業はあまり見ておらず、初めからベンチャー企業を中心に就活をしていました。
ベンチャー企業では大手企業よりも裁量権を持って仕事をすることができると思っています。上司から言われたことをするだけでなく、比較的自分で考えて仕事ができるといった点が自分自身に合っていると感じていました。企業にもよると思いますが、結果を出していたらある程度大きな仕事も任せてもらえるようになると思いますし、そういった実力主義な側面があることも私にとって魅力的でした。

タイズの決め手は?

タイズで働くことで、自分のなりたい姿に近づくことができると思ったことが一番の理由です。就活をしている中で、体育会の就活支援をしているベンチャー企業の方と知り合いました。その方は常に相手のことを優先して話していることが伝わってくるような話し方をしていらっしゃり、その姿勢こそ本当の「お客さん目線に立つ」ということだと感じました。次第にその人のような器を持っている人になりたいと思うようになりました。その方が人材系の仕事をしていたことが人材業界に興味を持ったきっかけでした。
タイズに関しては、スポナビさんの紹介で知りました。対面の企業説明会を受けた後、もう一度webでの説明会に参加しました。社長の広岡さんの話を聞いていると、自分のしている仕事に非常に自信を持っていらっしゃるのだと思いましたし、本当の意味でお客様のためになるようなベストマッチングを目指してらっしゃるのだということをひしひしと感じました。そういった点に大変惹かれ、「この会社でなら、理想の姿に向けて成長していくことができるのではないか」と考え、タイズに入社することを決めました。

今後の意気込みを教えてください!

周りの人たちよりも早いペースで成長していきたいと考えています。ですので、まずは同期の誰よりも結果を出すことを目指します。就活中に知り合った憧れの方にも、良い報告ができるような社会人になりたいです。また、私は車がとても好きで、乗りたいと思っている車があるのですが、25歳までにその車を買うことを目標に稼いでいきたいとも考えています。

就活生へ向けてコメントをお願いします!

大学生活の中で、周囲の人から「就活はできるだけ早めに始めた方が良い」と言われることがあるかもしれません。たしかに早く始めることも大事ですが、これまでの人生を見返しながら自分のことをしっかりと理解できていたら、早くても遅くても関係ないと私は思います。なので、まずは徹底的に自己分析をして就活を進めていくべきです。また、目標となる人を見つけて「この人のようになるためにはどのように成長していけば良いか」と考えることも就活を進めていく一つのやり方だと思います。

Other People

その他の社員