アシスタント(23卒内定者)

上田 琴音

UEDA KOTONE

自分のサポート力を生かした仕事につきたい。タイズの人の良さに魅力を感じ、入社を決意!

人をサポートする仕事がしたい

岡山県出身。京都産業大学法学部に所属。小・中・高はバレーボールに没頭する日々を送っていた。タイズのアシスタント職の仕事内容や社員の人柄に惹かれて入社を決意。

好奇心旺盛!様々なことに取り組んでいた

幼少期はどんな子どもでしたか?

室内で遊ぶよりは外でよく遊んでいる子供でした。幼稚園の年少の時には、親の勧めで水泳、習字などの習い事を始めました。最初は親から言われて始めた習い事でしたが、やってるうちに楽しくなってきて中学1年生まで続けました。幼稚園の頃から小学生までは、川でザリガニ取ったり、秘密基地作ったりして遊ぶなどかなり活発だったように思います。

バレーに打ち込んだ学生生活

小学生の頃にはどのような思い出がありますか?

幼稚園時代の友達関係がそのまま続いており、楽しい学校生活でした。小学校1年生の時にはバレーボールを始めました。バレーを始めようと思ったきっかけは、地元岡山で行われたバレーボールの大会を見に行ったことです。その時に見た木村沙織選手に憧れてバレーボールをしたいと思うようになりました。当時週3でバレーに通っていたのですが、他の小学校の友だちができたり、皆でバーベキューをしたりすることもあってとても楽しかったです。選考会で選ばれて県選抜の大会に出たこともあり、その頃からかなりバレーに打ち込んでいました。

中学生でのエピソードを教えてください。

中学生になってからはバレー部に入り、再びバレーに没頭した生活を送っていました。ただ、部活動でのバレーは、最初あまり楽しくありませんでした。バレーは好きなままでしたが、部の人数が少ないことで他の部活動よりも体育館を使える時間が短かったりともやもやすることが多かったです。しかし、2年生になってからは後輩が15人入ったことで他の部活動と同じだけの時間体育館を使えるようになったり、校長先生が外部のコーチを探して連れてきてくれたりといった変化があって、部活動がどんどん楽しくなっていきました。3年の時には県大会でベスト4に上りつめることができ、とても嬉しかったです。

高校でのエピソードを教えてください。

バレー仲間の身長が高い子たちは強豪校に進学したのですが、私は中学で身長が止まったこともあり、近所の私立高校に進学しました。入学してすぐは、バレーはもうやめようと考えており、そんな時にたまたまハンドボール部に勧誘されました。ハンドボールはプレイしてみるとおもしろく、バレーと似た部分もあったため、ハンドボール部に入部しました。しかし、しばらくするとハンドボールは相手とぶつかることが多いなどバレーと違った点があり、それが苦手だと感じるようになりました。また、「やっぱりバレーがしたい」という思いも湧き上がってきたので1年生の夏にハンドボール部をやめて、改めてバレー部に入部しました。

バレー部に入ってすぐは、バレーができる楽しさはありましたが、部活動自体はあまり楽しくなかったです。試合に出れるか分からない人数だったこともあり、チームの目標が明確に無い状態でした。しかし、試合に出て、初心者が何人かいる中でも勝てた体験から、部活動の雰囲気も変化し、楽しくなっていきました。私は当時キャプテンやっていましたが、率先して前に立つタイプではなかったので、その点で苦労することもありました。また、何より悔しかったのが2年の冬に膝をけがしたことです。半年間リハビリし生活を続け、引退試合にも出ることができず、ベンチでサポートをしていました。この時は本当に悔しい思いで。ただ、そのようにサポートする側に回ったことでコートの外から見た時に後輩の成長を感じたり、サポートしてくれることのありがたさを実感したことは自分のためになりました。

大学はどのように選んだのですか?

元々岡山県内の大学に行こうと思っていたのですが、浪人してる間に県外に行きたくなり、県外の大学を受けていました。友だちが何人か関西にいたこともあって、関西をメインに受け、京都産業大学に入学しました。膝のけがが再発しないように、バレーは続けず、ラクロス部のトレーナーになりました。トレーナーは初め骨や靭帯、筋肉の名前を覚えることや、対処法、テーピング方法など覚えることが多い上に、選手一人一人に合わせたやり方で対処しなければならないので、難しかったです。しかし、大変な分選手の活躍を見ることができたり、頼ってもらえる時にとてもやりがいを感じますし、楽しく活動しています。

自分のサポート力が活かせる仕事を

就活はいつ頃から始めたのですか?

本格的に始めたのは今年の2月くらいです。初めは漠然と「人と関わりたい」という思いだけで就活を進めており、どこの説明聞いても「なんとなくいいな~」ぐらいにしか思っていませんでした。このままでは良くないと感じ、4月に入ってから自己分析をしっかりとおこないました。その時、今までの自分の経験や、自分がやりがいを感じた時を思い出して人のサポートをする仕事がしたいと思うようになりました。

どのような企業・職種を見ていましたか?

会社の規模感は特にこだわりがなかったのでいろんな規模の会社を見ていました。サポートができる事務系の仕事で、会社の雰囲気や働く人の雰囲気を重視して就活を進めていました。

タイズを知ったきっかけは何でしたか?

タイズのことは、スポナビの人から紹介してもらいました。最初は事務職を紹介してもらっていましたが、会社説明会の中で聞く業務内容はPCでの事務作業の話が多く、考えて動くことが好きな私にとって言われたことをするだけの仕事は合わないのではないかと感じるようになりました。そんな時にタイズを紹介してもらいました。タイズでの事務職は主体的に動くことも求められており、今の部活のトレーナーと同じような感じだという説明を受けました。実際に説明会受けてみるとその言葉の通りだと感じましたし、実際に広岡さんの話聞くことでタイズが大事にしている考え方を聞けたこともタイズに惹かれた理由の一つでした。また、タイズでは熱量をもって働いている人が多いとも聞き、そういった方々のサポートをしたいとも思いました。タイズに決めた最後の決め手は人の良さです。一次面接の時にも、二次面接の時にもいろいろ質問させてもらったり親身になってくれる社員さんが多く「この方々と一緒に働きたい」と感じたことで、タイズに入社しようと決意しました。

これからの抱負を教えてください!

最初は教えてもらったこと一つ一つを丁寧にやり、しっかりと自分の中に落とし込んでいきたいと思います。そして、ゆくゆくは一人前の社会人になり、タイズの方々をしっかりとサポートできるようになりたいです。

就活生に向けてのメッセージをお願いします!

私は就活始めたての頃、自分のやりたいことが明確に無いまま、なあなあな状態で就活を進めてしまっていました。なので、初めからしっかりと自己分析をし、自分のこれまでの人生を振り返りつつ本当にやりたいことを考えて就活を進めていくと良いと思います。

Other People

その他の社員